業務効率化、ノウハウの標準化、そして「働き方」。広告代理店こそ、Shirofuneを導入すべきという、その理由。〜インターネット広告代理店のDASLとShirofuneの取り組み〜

株式会社DAサーチ&リンク
株式会社DAサーチ&リンク下村 知弥 様・膝附 翔子 様

デジタル広告の運用支援や広告代理店の事業を行う株式会社DAサーチ&リンク。

同社のリスティング広告の運用では案件ごとに最適化されており、高い広告効果と顧客満足度を獲得していました。

しかしその一方で、運用ノウハウが各チーム、各コンサルタントごとに分散しており、案件の引き継ぎや事業部全体でのサービスの均一化に課題がありました。

そこで2018年より、Shirofuneとの戦略的パートナーシップの提携を開始、事業部全体での業務最適化に取り組みました。

Shirofuneの導入により、レポーティングや運用スキルの標準化を進め、コンサルタントの残業時間の削減や、より本質的なリスティング広告の運用を実現しています。戦略的パートナーシップ提携から1年以上が経過した現在、そこから見えた成果や社内からの声、そして今後の展望について、お話を伺いました。

課題はノウハウの属人化。運用業務の効率化と働き方を改善したい

膝附 翔子氏

−Shirofune導入以前、リスティング広告に対する課題感を教えてください。

下村 知弥氏(以下、敬称略):弊社のリスティング広告運用では運用ノウハウの属人化に課題を感じていました。統一されていないフォーマット、個人によってばらつきが生じていた運用管理……。リスティング広告の運用における型を作ることと、運用スキルの均質化の必要性を感じていました。

サービスの標準化が進み、案件ごとの属人化がクリアできれば、それまでオペレーションだけを担当していた人でもコンサルティングや営業ができるようになり、幅広い活躍が期待できます。我々の強みをより表に出し、さらに成長していくための武器として、Shirofuneを活用しようと思いました。

膝附 翔子氏(以下、敬称略):私は前職もインターネット広告代理店でリスティング広告の運用に携わっていました。この業界特有の課題だと思うのですが、残業が発生しやすく、休日や業務時間外の対応も珍しくありません。案件が属人化しやすく、そしてインターネット広告ではいつトラブルが起きるか分からないからです。自分が転職した理由でもあります。

「働き方改革」というワードはグループ内でも以前からかなり強く言われていました。実際に、他のインターネット広告代理店と比較しても弊社の取り組みは進んでいると思います。運用業務をツールによって効率化し、空いたリソースを通じて更なるパフォーマンス改善に繋げていく。そしてまた、よりよい「働き方」を実現するためにも重要な課題でした。

−導入に至った経緯を教えてください。

下村:1年半前の2018年2月に、当時の上司から「優れたクラウド広告運用ツールがある」と、Shirofuneについて教えてもらいました。

もちろん、いくつか他のリスティング広告運用ツールを比較検討しました。ただ、サービス開発の早さやレポーティングのビジュアルの良さ、Yahoo!とGoogleを統合して予算管理できる機能に惹かれて、Shirofuneをパートナーに選びました。

代理店にも使いやすいShirofuneへ。二人三脚でツールの機能改善を

下村 知弥氏

−パートナーシップのプロジェクト概要について教えてください。

下村:Shirofuneをチーム全体で導入し、横軸で標準化しようと本格的な取り組みが始まったのは、2018年の7月から。Shirofuneと弊社の共同で一部機能の開発も行っています。

膝附:私たちが困っていることは、他のインターネット広告代理店も困っているはず。Shirofuneのさらなる成長のためにも、できるだけ多くの改善要望を出しています。お取り組みが始まってからは、機能の改善に向けて毎週ミーティングをして、代理店向けにどのような機能が必要か、二人三脚で歩んできました。

−現在、社内ではどの程度のShirofune浸透率を実現していますか。

下村:本社では現在7割ほどのコンサルタントがShirofuneを使ってリスティング広告の運用を行っています。

「運用スキルの標準化」を全社で進めていくという方針はあらかじめ共有されてはいましたが、初めてのツール導入に対して拒絶反応を示すコンサルタントも一定数いました。強引に浸透させようとしても反発を受けてしまうだけなので、まずは少額の案件やツールを導入しやすい案件など、案件ごとに見極めを行い、少しずつ浸透を図っていきました。

チームからも好評なレポート制作の工数削減と自動送信機能

−社内からはどのような反応がありましたか。

下村:レポーティングの工数がかなり減ったことがもっとも好評ですね。

膝附:そうですね、GoogleとYahoo!、両方のレポートを手動で0から作るとなると丸1日潰れてしまいます。それがほんの数秒で出てくるのは本当にありがたいですね。

Shirofuneのおかげで、ただ単純に作業に時間を割くのではなく、本質的な部分、広告主のビジネスKPIを達成するためには何が必要なのか?というところを捉えたうえで運用戦略を考えていくことに時間を割けるようになったと思います。

その他、運用側のデータだけでなくアクセス解析を深ぼることで見えた課題施策もありました。その結果、CTRが30%~53%改善や、CPAにおいては25%~60%の改善が見られた案件もありました。

ツールによる効率化で、広告代理店の働き方を変えていく

−今後の展望について教えてください。

下村:引き続き、リスティング広告運用の工数削減、業務効率化を目指していきます。広告代理店としての立場から、今後も引き続き開発に強力していきますし、他媒体の対応や細かな修正などを繰り返して、より良いツールにしていきたいですね。作業工数を極力少なくしていく一方で、考える時間を増やし運用サービスの質を高めクライアントビジネスの成果を最大限に追求していく。このことを実現していきたいです。

また、僕らは広告代理店ですので、クライアントに直接Shirofuneをご紹介するということも、ぜひどんどんやっていきたいです。

膝附:「働き方」という視点からですと、インターネット広告業界全体の働き方が少しでもよくなればと。残業時間についても、広告代理店でもこんなに短いことがあるんだと、この会社に入って思いました。

ツール導入で運用の効率化が実現でき、そのおかげで少しずつ残業時間も減ってきています。終わっていない仕事がある状態で家に帰るのではなく、仕事をすべて終わらせてから帰ることができ、仕事に対するストレスも減りました。

Shirofuneによる工数削減、ノウハウの標準化、運用パフォーマンスの成果最大化、そして「働き方」。人力でなんとかしている広告代理店こそ、Shirofuneを導入するべきだと思っています。

−ありがとうございました。

<文・編集=大木一真 写真=大木一真>

DASL社のように広告運用の業務を効率化する(代理店向けページへ)


【DASL×Shirofune 過去の対談コンテンツのご紹介】

DASL社のホームページに掲載された、両社の対談記事をご紹介します。

ゲスト対談『DASL × Shirofune
戦略的パートナーシップ提携に至るまで

記事を読む

ゲスト対談
『課題解決開始、Shirofuneの実運用』

記事を読む


広告代理店の導入事例集