広告代理店の経営者/マネージャー層へ経営・事業運営に役立つ情報を発信するメディア「Ad Agency Lab(アド・エージェンシー ラボ)」をオープン

Shirofune広報担当

主にデジタル広告を中心に取り扱う広告代理店と、非デジタルの広告媒体を取り扱う広告代理店の経営層/マネージャー層をターゲットに、広告代理店の経営や事業運営に役立つ情報を発信するメディアAd Agency Lab(アド・エージェンシー ラボ)」をオープンしました。

近年の広告プラットフォームの進化やShirofuneのようなツールの存在により、広告主は広告運用を代理店に任せっきりにするのではなく、自社で内製化し、スタッフや社内に運用ノウハウや知見の蓄積を行うべきという考え方や取り組みが活発になってきています。

その状況下で、広告代理店がどのようなスタンスで広告主と向き合うことで、自分たちのプロフェッショナルな知識・経験を活かした価値提供を続けることができるか、そのヒントとなる情報を、

①売上拡大・組織拡大

②収益性改善(生産性アップ)

③組織作り・組織マネジメント

④広告プラットフォーマーの動き

といった4つのテーマを基に、業界当事者である広告代理店の経営者や有識者への取材などを通じて発信していきたいと考えています。

監修

TATEITO株式会社 代表取締役 平野 考宏

新卒で人事コンサル会社に入社。2005年に株式会社オプトへ転職し、SEM部本部長として120名のマネジメントと、リスティング広告売上高日本一も達成。同社で地方中小企業のリスティング広告運用を支援する子会社を起案、取締役も務める。2012年にTATEITO株式会社を設立、代表取締役就任。マーケティングに特化した動画学習サービス立上げ後、現在は組織内動画配信プラットフォーム”RUUUN”を中心に、動画を活用した組織の学習環境づくりに取り組む。

株式会社Shirofune 代表取締役 菊池 満長

サイバーエージェントに新卒で2006年に入社し、一貫してリスティング広告運用に従事。特に、サイバーエージェントの局長・子会社(シーエー・アドバンス)の代表時代に数百名規模のリスティング広告の運用オペレーション組織・仕組みの構築に深く関わる。また広告部門の数百人が活用する、社内システムの開発部門の責任者も併せて担当。緻密な広告運用をアルゴリズム化し、誰でもWeb広告の成果を得られるようにするべくShirofuneを立ち上げ。

公開時の掲載記事

Shirofune、広告代理店の経営層/マネージャー層向けメディア「Ad Agency Lab」をリリース

インターネット広告という仕事のしんどさを、組織の力でマイルドに。キーワードマーケティング社に聞く、強い組織をつくる8の秘訣

※上記の他にも、Shirofune運営のインハウスでのマーケティング業務に役立つ情報をお届けするメディア「インハウスマーケティングラボ」からテーマに当てはまる記事を転載。

この記事を書いたライター
Shirofune広報担当
一覧に戻る

3分でわかるShirofune。No.1広告運用自動化ツール