リリース広告作成機能

【アップデート】広告作成機能|レスポンシブ検索広告と動的検索広告の編集機能を追加

Shirofune広報担当

Shirofuneにレスポンシブ検索広告(RSA)と動的検索広告(DSA)の編集・設定機能を新たに追加しました。

これまでは、広告改善提案機能として管理画面(コックピット)で表示される『改善カード』から遷移する設定画面でYES or NOを選択するだけで、自動的に配信設定が行われていました。

今回のアップデートで、システムからレコメンドされた設定内容に対し、ユーザーが編集できる機能を追加。RSAの広告文、DSAのURLを任意で編集加えて、両広告を出稿することが可能になりました。

設定・編集の方法について

これからRSAを利用される方は、改善カードの案内通りに設定を進めていただくのみとなります。

既に改善カードからRSAのオンオフの設定をされている方は、コックピット画面の改善チャンス表示エリアにある『一覧』→『実行済み』をクリックし、『レスポンシブ検索広告を追加して、獲得数を増やしましょう』のカードを選択いただくと、設定画面へ遷移します。

レスポンシブ検索広告(RSA)

広告利用開始の確認と併せて『広告の見出し』『説明文』の記入欄も表示

レスポンシブ検索広告 改善カード
レスポンシブ検索広告 編集画面

動的検索広告(DSA)

動的検索広告 改善カード
動的検索広告 編集画面

Shirofuneはこれからも媒体の変化へ柔軟に対応し、「経験や知見に左右されず、広告運用業務を自動化し効果を出せるツール」、そして「運用経験者がさらに効率的に媒体ツールを使いこなすためのツール」としての役割を強化し、より多くの方の広告運用に貢献してまいります。

この記事を書いたライター
Shirofune広報担当
一覧に戻る

3分でわかるShirofune。No.1広告運用自動化ツール