改善提案プレスリリース

検索広告のキーワードの獲得実績や既存設定から、ディスプレイ広告の効果的なターゲティング拡張候補を自動提案する機能を追加

Shirofune広報担当

検索広告や設定済みのターゲティングの成果・獲得実績を自動で分析し、成果を見込める新たなディスプレイ広告のターゲティングの拡張案を改善カードとしてユーザーに提案する機能をリリースしました。

通常、ディスプレイ広告のターゲティング改善・拡張を検証する際は、検索広告含め現状の広告の成果をユーザー自身で確認をし、その上で考えられる設定を自分達で考え、設定に反映をしていく必要があり、ほぼ手作業で進める必要がありました。この作業を媒体横断で自動化できるのが今回の機能です。

Shirofune上で表示される改善カードをクリックすると、対象となるディスプレイ広告と現状の成果と共に、拡張候補が画面で一覧表示されます。ユーザーはその候補に対して、設定する・設定しないを判断し、クリックするだけで、あとはShirofuneが自動で設定を反映していきます。

機能概要(広告種別と提案内容)

カスタムオーディエンス(Google広告) / サーチターゲティング(Yahoo!広告)

検索広告で獲得実績があるキーワードや、設定されているキーワードの類似候補を選定し追加提案

ターゲティング(Facebook広告・Google広告・Yahoo!広告)

設定されているターゲットに類似するターゲットの追加提案

類似ターゲティング(Facebook広告・Yahoo!広告)

ユーザー指定のルールで設定したオーディエンスに似たオーディエンスまで広告配信対象を拡張する「類似ターゲティング」の、拡張度合いの提案

この記事を書いたライター
Shirofune広報担当
一覧に戻る

3分でわかるShirofune。No.1広告運用自動化ツール