受付中ウェビナー

-終了-4/14(水)自社主導で「透明性」のある広告運用できていますか?|広告主向けインハウス支援セミナー|DASL × Shirofune 共催

Shirofune広報担当

2018年6月から戦略パートナーシップ提携を開始し、新たなインハウス支援プログラムを共同開発したDAサーチ&リンクとShirofuneが、その過程で得られた知見やノウハウに加えて、代理事業サイド・内製化支援サイドとして蓄積している経験や情報をもとに、広告主の皆様の広告運用のインハウス化や自社主導のマーケティングを実現していくために役立つ情報をお届けします。

こんな方におすすめ

①広告代理店へ広告運用を委託しているがインハウスを検討している企業のご担当者
②インハウスにより広告運用の知見・ノウハウを社内に蓄積したい企業のご担当者

など
※広告代理店様/個人事業主の参加はご遠慮頂いております

セミナー内容

・「透明性」のある広告運用できていますか?
・重要なのは自社主導マーケティングです
・代理事業サイド (DASL)から見る”運用代行”が失敗した事例
・内製化支援サイド (Shirofune)から見る”インハウス”が成功しているケース
・「透明性」を向上するためのステップ

実施概要

【日 程】
4月14日(水)12:10〜13:00予定(接続開始 12:00〜)
※終了時間はセミナーの進行により変動する可能性がございます。

【参加費】
無料(事前申込必須)

【定員】
50名

【開催方法】
Web会議ツール「Zoom」を使ったオンライン開催

※「Zoom」の利用方法等はツールのヘルプセンターをご参照ください。
※ウェビナー中のご質問は「Q&A」に書き込んでいただきますと、各セッションの最後にご返答をさせていただきます。
※準備等の都合で接続開始時間が遅れる可能性がございます。
※その他、ウェビナーに関するお問い合わせは、support@shirofune.com までご連絡ください。

登壇者

株式会社DAサーチ&リンク
カスタマーサクセス グループマネージャー

宮本 祐子 (みやもと ゆうこ)

同志社大学卒業後、事業会社のマーケティング担当を経て、DAサーチ&リンクへ入社。入社以来、運用コンサルタントとしてダイレクトレスポンス案件に携わる。2020年、事業会社側の経験を元に、カスタマーサクセスのチームを立上げ、クライアントと直接向き合う体制を強化。現在、デジタルスタートアップを支援するサービスを構築中。


株式会社Shirofune
取締役 

竹下 智視(たけした ともみ)

京都大学時代の卒論でリスティング広告を研究。サイバーエージェントに新卒で2007年に入社し、約10年間、一貫してリスティング広告運用の業務に従事。広告運用における社内育成の仕組みづくりや、初期構築専門の部署の設立、運用ルール・オペレーションにおける社内ルールの設計、及び組織作り等を行う。株式会社Shirofuneでは、主にアカウントの構築・改善施策部分の独自アルゴリズムの研究・開発、及びカスタマーサクセスを担当。

この記事を書いたライター
Shirofune広報担当
一覧に戻る

3分でわかるShirofune。No.1広告運用自動化ツール